即日キャッシングなるほど活用術 TOP

いくらまで借りれるの?

Q.いくらまで借りれるの?
A.消費者金融は年収の3分の1まで

銀行や消費者金融からお金を借りることをキャッシングと言いますが、どこからお金を借りるかという違いによって、借り入れるお金の絶対額が違ってきます。この点は、キャッシングのとても重要なポイントですので、覚えておきましょう。 消費者金融は、法律の規定によると、貸金業者に分類されます。そして、貸金業者は、私たち一般消費者に、商売としてお金の貸付けを行うとき、年収の3分の1までしか貸し出すことが認められていません。これを総量規制と言います。

年収の1/3

年収の3分の1を超えた貸付けは違法となり、業者は国から処分されることになりますので、このようなリスクを冒してまで無理な貸付けを行う業者は、普通の業者では皆無と言えるでしょう。

これに対して、銀行や信用金庫といった金融機関は、法律の規定により、貸金業者に該当せず、したがって、総量規制の制限を受けません。総量規制の制限を受けないということは、銀行などは、年収の3分の1を超えるお金の貸付けを行い得るということになります。

逆の立場で、私たちの目から見た場合、銀行などのキャッシングを利用しようとする場合、年収の3分の1を超える融資も受けられるということになるわけです。

ただし、銀行等のキャッシングの審査は、一般的に言って、消費者金融のそれより厳しく判定される傾向にあります。しかし、審査を突破した場合には、総量規制の制約を逃れるという大きなメリットもありますので、審査に臨む場合、まず銀行等から試してみて、なかなか審査に通らない場合には、消費者金融に申し込んでみるという流れが基本的な流れと言えるでしょう。

貸金業法Q&A:金融庁:総量規制に関する疑問をQ&A形式で解説してくれています。総量規制や貸金業法についてさらに詳しく調べたいという方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。


©即日キャッシングなるほど活用術