即日キャッシングなるほど活用術 TOP

上手な返済方法ってどうするの?

Q.上手な返済方法ってどうするの?
A.利息分を成るべく減らすのが返済を続ける一番のコツです

生活費が足りないからと、カードローンのキャッシングを利用されている方も少なくないと思います。借りたからには、返済しなければなりません。

消費者金融系・銀行系カードローン共に、最近の契約で多いのが、リボ払い返済というものです。キャッシングしたお金を利息を付けて翌月に返済するという、クレジットカードでいうところの1回払いというものではなく、借入残高に応じて毎月一定額の返済を続けるというものです。その返済額の中には利息分が含まれます。

借りたお金を上手に返済するコツとして重視しなければならないのが、利息分の支払金額をいかに少なくするかに尽きるのではないかと思います。特に考えなければならないのは、一定の返済額の中に利息分を含める形の返済と、元金を一定額にして利息を上乗せする形での返済金額の違いです。

利息分を減らす

後者の場合、毎月1万円づつの返済となっていても、元金が1万円づつ減っていき、プラスアルファ利息分を上乗せする形で、返済金額としてはやや大きくなりがちですが、例に取った場合確実に1万円づつ借入残高は減っていきます。逆に前者の場合、1万円づつ返済したつもりでいても、利息分の金額が占める金額が大きくなると、なかなか元金が減っていかないということに繋がってしまうのです。

但し、前者のメリットとしては、毎月同じ返済額で良いということです。返済を続けていく上で、「今月の返済額はいくらかな?」と心配することもありません。利息分だけ、借入残高が減っていくペースは遅くなります。「毎月の返済額はなるべく少なくしたい」という方には、おススメの返済スタイルです。

但し、ずるずると長期で返済を続けるのは得策とは言えません。返済の中における利息分の金額は、なるべく少なく抑えたいところですし、借入残高に応じて利息計算されることから、残高はなるべく少ないことが有利になるに違いないのです。

毎月の返済は、少しづつであっても構わないと思いますが、ボーナス時など大きな収入があった際には、出来る限り、一括全額返済や随時の増額返済で元金を減らす努力をしましょう。元金が少なくなれば、返済額が毎月一定であっても、それに占める利息分は少なくなり、結果的に借入残高の減少に近づくのです。

せっかく入ったボーナスを、手元に置いて買い物など気持ちよく過ごしたいお気持ちは、理解出来ますが、お金を借りているという状況なので出来る限り借入残高を減らすことに尽力した方がベストです。まずは、返済金額に占める利息分を成るべく減らすのが、一番の返済のコツなのではないかと思います。

おまとめ・借り換え:返済に困ってしまった時にはこちらの解説が役に立つかもしれません。 返済時に気を付けることや、借り過ぎてしまった時のおまとめローンについても詳しいです。

お金借りる:お金を借りた時の失敗しない為のポイント。キャッシング利用後に知りたい返済の方法や返済が遅れた場合の対処方法などを丁寧に解説してくれています。


©即日キャッシングなるほど活用術